慰謝料を請求した事例

1 妻を妊娠,中絶させた浮気相手から180万円の慰謝料獲得

【妻の浮気】

相談者夫婦……30代,婚姻期間5年未満

浮気相手……20代男性,会社員

妻と浮気相手の交際期間……2ヶ月(推定)

和解金 200万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 妻が浮気相手の子を妊娠・中絶している

 

【事件解決の流れ】

2弁護士が浮気相手に300万円を提示しつつ,中絶にまで至らしめたことで夫の被った筆舌尽くしがたい苦悩を説明し,支払い可能額を聴取すると,最初は50万円という回答でした。

そこで,仮に出産に至っていれば子が成人するまでの養育費として多大な経済的負担が夫に発生していた可能性や近年の裁判例における不貞慰謝料の傾向を踏まえた当方の要求額を説明したところ,数回に及ぶ交渉の結果,200万円の慰謝料支払いを約束させることに成功しました。

【ポイント】

中絶させたという負い目を追求し,出産していれば多大な負担が生じていたことを法律的な根拠を示しつつ,裁判になった場合の当方の主張を弁護士が丁寧に説明したことが早期解決につながりました。

 

2 ダブル不倫で離婚後に浮気相手から300万円の慰謝料を獲得

元妻の浮気

相談者夫婦……40代(離婚済み),婚姻期間10年以上

浮気相手……30代男性,既婚者(相手の妻は浮気を知らない)

元妻と浮気相手の交際期間……数年

和解金 300万円
解決までの期間 60日間
事案の特徴 妻とは浮気発覚後に離婚済み

ダブル不倫で浮気相手の妻は不倫を知らない

 

【事件解決の流れ】

弁護士が直接交渉したところ,浮気相手は「金に困っていて支払いは数十万円が限度」という低額の回答でした。

そこで,弁護士が,本件で慰謝料が高額化する理由として,裁判における慰謝料の増額要素を説明するとともに,本件では①夫婦が離婚に至っていること,②20年以上の長期に渡る婚姻関係が破綻に至ったこと,③不貞関係も数年に及び悪質であること,を説明し,依頼者様の示談可能な金額を打診しました。

その後,数回の交渉を経て,最終的に300万円の慰謝料慰謝料支払いを約束させることに成功しました。

 

【ポイント】

浮気相手も既婚者の場合,いわゆるダブル不倫となり,浮気相手の配偶者から依頼者の配偶者への逆の慰謝料請求ができるが,当方が離婚に至っていれば,自身の元配偶者への慰謝料請求を考慮せずに慰謝料請求ができるため,有利に交渉を進めることができます。

 

3 相手方の最終提示から増額交渉し,慰謝料220万円を獲得

元妻の浮気

相談者夫婦……30代(離婚済み),婚姻期間3年未満

浮気相手……30代男性,会社員

元妻と浮気相手の交際期間……1ヶ月(不貞数回)

和解金 220万円
解決までの期間 50日間
事案の特徴 依頼者と浮気相手はもともと友人

 

【事件解決の流れ】

まず依頼者の希望額として弁護士が直接交渉で300万円の解決金支払を条件とする和解を打診するも,浮気相手はこれに難色を示し,数回の交渉を経た結果,相手方から最終提示として150万円の慰謝料支払による和解の提示を受けました。

そこで,弁護士が依頼者に対し,相手方の交渉態度から高額提示では相手が呑まず,交渉決裂するリスクを説明し,裁判になった場合に低額になる見通しも考慮すれば,220万円が妥当な提示額であることを説明し,この額を最終提示することに了承を得ました。

そして,この最終提示に相手方は応じたため,示談が成立しました。

 

【ポイント】

不貞は悪質な不法行為ですが,提示する額には裁判上の相場や相手方の支払能力や交渉態度を見ながらの妥当ラインに注意する必要があります。相手が和解に応じる可能性を無視した高額過ぎる示談金の提示は相手の態度を硬化させて交渉決裂を招き,その結果として見通しの立てにくい裁判になる可能性が高く,最終的な獲得額が低額となるリスクが高まるからです。

交渉において当方提示の妥当性を判断するには,相手方の交渉態度や裁判になった場合の見通しを考慮する必要があり,同種案件の交渉経験,訴訟経験の豊富な弁護士ほど,これらを踏まえた交渉の落とし所の見極めが適切であり,結果的に有利な条件で示談を成立させることが可能です。

 

4 謝罪する相手方に交際しない約束をさせ,慰謝料150万円を獲得

元妻の浮気

相談者夫婦……40代,婚姻期間5年未満

浮気相手……30代男性,会社員

元妻と浮気相手の交際期間……数回

和解金 150万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 相手は不貞について謝罪の意思を持っている

 

【解決の流れ】

弁護士が直接交渉したところ,相手は不貞については非を認める態度であったため,依頼主の希望額である150万円を提示しました。

相手は,難色を示したものの,依頼主の意向により減額は難しいことを伝えつつ,裁判例における慰謝料の相場とともに当方主張の正当性を説明し,示談意思を確認したところ,相手は支払いに応じる姿勢を見せ,さらに,依頼者様の妻と二度と接触しない約束にも応じる旨を述べたため,この条件にて交渉1回で和解することになりました。

 

【ポイント】

浮気が発覚した場合,浮気相手がどういう心境なのかは分からず,ご自身で相手と接触することも躊躇するのが普通だと思います。交渉力のある弁護士が第三者として当方主張の正当性を丁寧に説明した場合,相手は素直に謝罪の意思を示し,誠意ある対応に出ることは少なくありません。

当事者同士の話し合いや,交渉経験のない第三者による交渉では,相手に強く出ることができなかったり,高圧的に接することで交渉が決裂したり,あるいは,感情的な物言いが脅迫行為に該当してしまい逆に警察沙汰になるリスクもあるため,交渉経験の豊富な弁護士を介して慰謝料を請求したほうが好結果につながります。

 

5 浮気を認めない浮気相手から慰謝料150万円を獲得

妻の浮気

相談者夫婦……40代,婚姻期間20年以上

浮気相手……30代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 150万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 浮気の証拠がメールしかない

相手は不貞行為を認めていない

 

【事件解決までの流れ】

証拠が不足している状況において,まず相手に架電して不貞の事実を認めるか,話をすることにしましたが,予想通り,相手は不貞の事実を認めませんでした。

そこで,証拠となるメールのやり取りに言及し,そのメールの内容が浮気を想像させるものであることを伝えて,当方の裁判上での主張立証の方針を説明しつつ,不貞の認否を再度確認したところ,相手の反論が苦しくなったため,示談による早期解決を打診し,最終的に,相手は150万円の支払いに応じることを約束しました。

 

【ポイント】

浮気の証拠として決定的なのはラブホテルや自宅への出入りの場面を撮影することですが,なかなかその場面を押さえるのは難しく,メールのやり取りで怪しいものを見つけたときに,浮気をした配偶者が浮気を認めることで確証を得られることが多いです。

本件のように,浮気の証拠が少ない事案では交渉は難航しがちですが,訴訟経験の豊富な弁護士が裁判上での浮気の立証方針を伝えつつ,示談交渉をすることで,誠意ある対応を引き出せるケースも少なくありませんので,証拠がないものとして泣き寝入りすることは避けるべきでしょう。

不貞の証拠として何が有効なのかという判断も,一般人では難しく,まずは浮気トラブルの解決実績が豊富な弁護士に相談されることをお勧め致します。

 

6 数年にわたる浮気の慰謝料として300万円の解決金を獲得

夫の浮気

相談者夫婦……50代,婚姻期間20年以上

浮気相手……40代女性

元妻と浮気相手の交際期間……数年

和解金 300万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 不貞関係が3年以上

 

【事件解決までの流れ】

浮気相手と交渉したところ,浮気相手としては,もともとの夫婦関係に問題があることを指摘し,浮気については認めませんでした。

しかし,当方の把握するメールなどからは浮気があったことが推認されることや,浮気前の夫婦関係は良好であり,仮に裁判になった場合にも当方は同様の主張をすることを,相手方の保有証拠を確認しつつ,当方の保有証拠を摘示して説明したところ,相手は浮気の事実を認めて提示した300万円の支払いを約束しました。

 

【ポイント】

浮気を否認している相手の場合,客観証拠(メールや写真,録音など)があれば,この証拠をもとに浮気を立証する方針を説明し,相手を自白させる方向で交渉を進めます。
交渉力のある弁護士が裁判上の主張に言及しつつ交渉すれば,証拠が十分でなくても勝算はあります。

 

7 浮気を否定していた元夫から500万円の慰謝料を獲得

元夫の浮気

相談者夫婦……30代,婚姻期間3年未満(離婚済み)

浮気相手……30代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 500万円
解決までの期間 40日間
事案の特徴 夫は浮気を認めず,離婚原因は性格の不一致と言い張っている

 

【事件解決の流れ】

弁護士が交渉したところ,元夫は不貞の事実を認めず,さらに夫婦関係に問題があったことで離婚に至った旨の反論がなされました。

そこで,弁護士が証拠に言及しつつ,裁判における当方の主張方針を伝えたうえで,相手方の反論について,もともとの夫婦関係が円満であったという当方の主張を証拠関係を引用しつつ説明し,被害者の示談可能額は500万円であることを伝え,交渉を進めた結果,最終的に500万円の慰謝料支払いを条件とする示談が成立しました。

 

【ポイント】

一般に,不貞行為を理由とする慰謝料の相場は数十万円から300万円と言われ,裁判官から和解の席上で頻繁に提示される金額も,概ね,この範囲に収まっています。

ただし,裁判上でも一定割合で300万円を超える慰謝料が認められることもあります。どのような事情があれば高額化するかは,個別に弁護士にご相談頂ければと思います。

交渉でも,慰謝料が高額化する事情があれば,高額の慰謝料を要求して減額には応じない交渉が必要であり,本件は,このような交渉が奏功した事例といえます。

 

8 妻を妊娠させて相手から250万円の慰謝料を獲得

妻の浮気

相談者夫婦……40代,婚姻期間5年未満(別居中,離婚予定)

浮気相手……30代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 250万円
解決までの期間 80日間
事案の特徴 妻は浮気相手の子を妊娠

 

【事件解決までの流れ】

相手に依頼者の意向を伝え,離婚予定であり十分が額でなければ示談には応じかねる意向を伝えたところ,150万円の支払いに応じる旨の回答とともに,依頼者夫婦が離婚することも求められました。

そこで,状況から裁判上で主張する当方の見解を伝えつつ,依頼者の希望として,相手方の離婚要求に応じる代わりに慰謝料として250万円の支払いによる和解を打診したところ,数回の交渉を経て,最終的に相手方は250万円の慰謝料支払いに応じることを約束しました。

 

【ポイント】

離婚に至っていないケースで配偶者が浮気関係の継続を希望している場合,離婚に応じることを交渉条件とすることで,有利な条件により和解できることも少なくありません。

 

9 提訴により当方の言い分通りの慰謝料支払いを約束させた

妻の浮気

相談者夫婦……30代,婚姻期間10年未満(離婚済み)

浮気相手……20代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 220万円
解決までの期間 250日間
事案の特徴 相手方は交渉に一切応じず提訴された直後に当方の言い分を全て認めた

 

【事件解決までの流れ】

弁護士が相手方に架電しても連絡がとれず,通知書面も無視されたため,交渉自体が成立しませんでした。

そこで,方針としては,提訴するか諦めるかの二択となりましたが,相手方が正社員であったことから,相手が訴訟に対応しない場合には欠席判決となるため,その判決を基礎として相手方の給与を差し押させることも視野に入れて,提訴することになりました。

提訴し,訴状において当方主張の正当性を厚く論じたところ,相手方は当方の言い分を全て認め,要求額である220万円の支払いに応じる旨の連絡書面も郵送されてきたため,この条件で和解することになりました。

 

【ポイント】

一切,連絡が取れない相手には交渉は不可能なため,提訴するかどうかの判断となりますが,提訴した場合において相手方が期日を欠席すれば,当方の主張を争う機会が得られずに相手方の敗訴判決となるのが原則であることから,裁判には応じてくることが多いです。

さらに,交渉では一切応答のない相手でも,裁判になれば当方の言い分を素直に認めることもあり得るため,裁判で勝算があれば,基本的に提訴することになります。

 

10 証拠が不十分な案件で早期に150万円の慰謝料を獲得

妻の浮気

相談者夫婦……40代,婚姻期間5年未満(婚姻継続)

浮気相手……30代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 150万円
解決までの期間 20日間
事案の特徴 証拠はメールと妻の自白のみで,決定的な証拠がない

 

【事件解決までの流れ】

弁護士が直接架電して交渉したところ,相手は戸惑いながら,不貞の事実については曖昧な回答に終始したため,証拠となるメールを交渉材料に,不貞の事実の認否を求めたところ,不貞を認めさせることに成功しました。

そこで,その数日後に,弁護士が本件の事案の特徴や判例の傾向を伝えつつ,本件では依頼者の希望額である150万円での和解を打診したところ,相手方は150万円の支払いに応じ,妻と二度と接触しない約束をしたため,2回の直接交渉により事件は解決しました。

 

【ポイント】

証拠が不十分な案件は多く,不貞の有無を判断できないが不貞関係を疑わせるメールのみ,あるいは,浮気をした配偶者の自白しかなく,裁判になった場合の浮気の立証可能性に疑義があるケースは多いです。このような場合,弁護士による直接交渉により不貞の事実を認める旨の言質を取ることが重要です。

本件のように,不貞について不透明な状況でも,弁護士からの連絡により観念して正当な賠償に応じる相手は少なくありません。裁判経験のない一般人には不貞の証拠について証拠価値を適切に判断できないことが多いため,確固たる証拠がなくても諦めず弁護士に相談することが大切です。

 

 

1 妻を妊娠,中絶させた浮気相手から180万円の慰謝料獲得

2 ダブル不倫で離婚後に浮気相手から300万円の慰謝料を獲得

3 相手方の最終提示から増額交渉し,慰謝料220万円を獲得

4 謝罪する相手方に交際しない約束をさせ,慰謝料150万円を獲得

5 浮気を認めない浮気相手から慰謝料150万円を獲得

6 数年にわたる浮気の慰謝料として300万円の解決金を獲得

7 浮気を否定していた元夫から500万円の慰謝料を獲得

8 妻を妊娠させて相手から250万円の慰謝料を獲得

9 提訴により当方の言い分通りの慰謝料支払いを約束させた

10 証拠が不十分な案件で早期に150万円の慰謝料を獲得

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分