30代女性が30代会社員との不倫で暴行で怪我を負わせられたことも踏まえ200万円で早期解決できた事例

【妻の浮気】

相談者夫婦……30代,婚姻期間10年未満(別居中,離婚予定)
浮気相手……30代男性,会社員
妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 200万円
解決までの期間 50日間
事案の特徴 電話番号以外の連絡先がわからない
対面した際に暴行して怪我を負わせた

 

【事件解決までの流れ】

弁護士が架電して交渉したものの,依頼者本人との話し合いの際に暴力を振るわれた件で反対に慰謝料を要求したい旨を反論してきました。しかし,依頼者自身が離婚に至り,養育費等の経済的な不利益を被った点や,暴行時に依頼者も怪我をしているため当方からの請求もあり得る点を伝え,同種事例の裁判例を引用しながら,早期解決のメリットや金額の妥当性を説明して和解に応じるよう説得。数回の交渉を経て,最終的に200万円の慰謝料支払いに了承を得ました。

 

【ポイント】

住所が不明なケースでも,弁護士は住所を調査する手段がありますので,交渉できる可能性があります。また,相手方に暴力を振るったケースでも,暴力による損害より不貞慰謝料のほうが高額なことが多いため,弁護士が当方の正当性を説明すれば,相当額の慰謝料の支払いに応じることも多々あります

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分