30代女性が30代一流企業社員既婚者との不倫において依頼から40日で250万円を獲得したスピード解決事例

【妻の浮気】
相談者夫婦……30代,婚姻期間15年未満(離婚予定)
浮気相手……30代男性,会社員,既婚者
妻と浮気相手の交際期間……不明
和解金 250万円
解決までの期間 40日間
事案の特徴 浮気相手は一流企業の社員

妻とは離婚協議中
タブル不倫

【事件解決までの流れ】

弁護士による初回交渉時,相手は非を認めつつ,離婚に至っていない状況を理由に支払いについては難色を示したものの,弁護士が数回に渡り,本人の被った被害や同種事例の裁判例などを説明して交渉した結果、250万円を一括で支払うことを了承されました。

 

【ポイント】

傾向として,相手の社会的地位が高いほど,裁判沙汰を避けたいという心理から協議による早期和解に応じる傾向にあります。

浮気をした配偶者との離婚が成立していなくても,離婚協議の進行状況次第では,浮気により夫婦関係が破綻した,もしくは,破綻の危機に瀕しているという主張は可能です。まずはご自身の状況について,交渉上有利な主張をするために,弁護士に相談することが大切です。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分