40代女性が浮気前の夫婦関係の破綻の反論をされ慰謝料が払われないところを100万円を獲得できた事例

【妻の浮気】
相談者夫婦……40代,婚姻期間20年未満(婚姻継続)
浮気相手……40代男性,既婚者
妻と浮気相手の交際期間……不明
和解金 100万円
解決までの期間 150日間
事案の特徴 慰謝料請求を夫に知られたくない
相手は浮気前の夫婦関係の破綻を主張
弁護士間の協議を経て解決

 

【事件解決までの流れ】

弁護士が直接架電して,相手に依頼者の意向を伝えたものの,浮気相手は,「依頼者の夫から『夫婦関係は破綻していて離婚する予定だ』と聞いていたため,慰謝料の支払いに応じる気はない」という回答でした。

その後,相手にも弁護士がついて同様の反論を行ったため,あらためて,不仲であることや離婚予定という話を夫から聞いていた程度では裁判上で不貞前の夫婦関係の破綻は認められ難い,という当方の見解を説明したうえで,依頼者夫婦が不貞を行っていた時期も円満であった事情とこれを裏付ける証拠を丁寧に説明した結果,最終的に,100万円の慰謝料支払いに応じさせることに成功しました。

 

【ポイント】

相手方が,もともと夫婦関係が破綻していると聞いていた,という反論をしてくることは,非常に多いです。確かに,裁判例でも夫婦関係が破綻したあとの浮気については慰謝料の支払い義務はないものとされるのが通常です。

しかし,破綻という状況の立証は難しく,裁判上では,夫婦が別居に至っていない状況で、浮気以前の破綻の事実が認定されて慰謝料支払い義務が否定されることは滅多にありません

本件では,弁護士が浮気前の夫婦が破綻の状況にないことを証拠に基づいて説得的に主張することで,相当の慰謝料を獲得できました

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分