30代女性が出合い系サイトで知り合い浮気相手の20代会社員は相手が既婚者と知らなかったと反論しますが女性の主張満額が支払われた事例

【妻の浮気】
相談者夫婦……30代,婚姻期間20年未満(別居中)
浮気相手……20代男性,会社員
妻と浮気相手の交際期間……不明
和解金 250万円
解決までの期間 50日間
事案の特徴 浮気相手とは出合い系サイトで知り合う
既婚者と知らなかったと言い張っている
妻は家出をして浮気相手と同棲中

【相談に至る経緯】

弁護士が直接交渉して依頼者の希望額である250万円を提示したところ,相手は「既婚者だとは知らなかったため,支払う意思はない」という回答をしました。

しかし,交際期間も数ヶ月に及んでいることや,交際中のやり取りの証拠、発覚時の発言等の事実関係を丁寧に指摘して,既婚者と気付かないことはあり得ず,少なくとも過失があるという当方の見解を説明して交渉を重ねた結果,当方の主張額である250万円での示談に応じることになりました。

【ポイント】

既婚者と知らなかった,という反論は,特に出合い系サイトや飲食店(キャバクラ等の接客バイトなどを含む)で知り合ったケースでは頻出しますが,既婚者と知らなかったことが認められ,しかも,知らなかったこともやむを得ない状況だと判断されれば,裁判上でも不法行為責任が認められず,慰謝料の支払い義務がないものと判断されます

しかし,特に浮気が長期に渡る場合,既婚者と知らなかったことについて,(具体的な状況によりますが)少なくとも過失があったと判断されることも少なくないため、詳細な状況を弁護士に相談されることが解決の近道です

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分