依頼者である30代男性が浮気相手の婚約者に対して浮気を暴露したことと連絡を取らない約束を破ったことを考慮して示談した事例

【夫の浮気】
相談者夫婦……30代,婚姻期間3年未満(婚姻継続)
浮気相手……30代女性,婚約者有り
夫と浮気相手の交際期間……不明
和解金 130万円(220万円減額)
解決までの期間 30日間
事案の特徴 浮気相手との話し合いで連絡を取らないと約束したにもかかわらず連絡を取った
浮気相手の婚約者に浮気を暴露してしまった

【事件解決の流れ】

弁護士が直接交渉して依頼者の要求額である150万円を請求したところ,相手から,依頼者が婚約者に連絡してきて浮気について暴露したことで迷惑を被ったから,その分については考慮して欲しい,という反論がありました。そこで,本人に確認したところ,確かにその事実がある,とのことでしたので,本人と話し合い,多少の減額には応じることを確認しました。

その後,弁護士が浮気相手に対し,浮気の暴露による精神的苦痛については一定の考慮はするものの,一度連絡を取らないと約束したにもかかわらずこれに違反したという落ち度も軽視できない,と説明し,同種事例を引用しつつ示談交渉を継続したところ,最終的に130万円の慰謝料支払いに応じることを条件に示談することになりました。相手方は,二度と依頼者の夫と接触しないことも誓約しました。

 

【ポイント】

配偶者の浮気を知って,浮気について浮気相手の親族や知人,勤務先に暴露してしまう方は少なくありません。この場合,反対の慰謝料請求がなされるのが普通ですし,場合によっては犯罪が成立することもあり得ます。交渉でもこの反論を考慮して減額に応じざるを得ないことも多いです。

ただし,事情によりますが,裁判上ではこの種の反対請求よりも不貞についての慰謝料請求のほうが高額となり,相当の慰謝料を獲得できるケースのほうが多いといえます。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分