30代夫婦が単身赴任で別居中に浮気したにもかかわらず夫婦関係が破綻していると主張されたため弁護士が介入し浮気問題として慰謝料獲得となった事例

【妻の浮気】
相談者夫婦……30代,婚姻期間10年未満
浮気相手……30代男性
妻と浮気相手の交際期間……約6ヶ月
和解金 200万円
解決までの期間 200日間
事案の特徴 別居中に妻が浮気をした
相手は破綻後の不貞と反論

【事件解決までの流れ】

弁護士が直接交渉したところ,すぐに相手にも弁護士がついて,夫婦関係は破綻して別居に至った後の浮気であるから不法行為責任は生じない,という反論とともに支払い拒否の回答がきました。

そこで,訴訟提起し,円満な夫婦が不貞により破綻した事実や当方の請求額の正当性を裁判官に認めさせることができ,最終的に相手方が依頼者に200万円の慰謝料を支払うことを条件とする和解が成立しました。

【ポイント】

相手方から,夫婦関係が破綻していたことを理由に支払い拒否の回答がなされることは非常に多く,本件のように別居が先行している場合には,別居の原因が争点になります。また、不貞をした配偶者が相手に有利な証言をすることも多いため、これに対する反論も必要です

破綻については微妙な判断となることも多く,通常の夫婦関係であることを示す証拠の収集と説得的な主張立証により,浮気が原因で離婚に至った点を強調する必要があります

本件では,上記の訴訟方針が奏功しました。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分