30代の浮気夫に妻も同伴で相談に来られ浮気相手と3者での和解を弁護士が仲裁し400万円を獲得した事例

【夫の浮気】
相談者夫婦……30代,婚姻期間3年未満(別居中)
浮気相手……30代女性
妻と浮気相手の交際期間……不明(交際継続)
和解金 400万円
解決までの期間 120日間
事案の特徴 浮気相手が夫と交際継続中
離婚協議も追加して3者間で交渉

【事件解決までの流れ】

弁護士が直接交渉したところ,相手方に代理人として弁護士がつき,弁護士間の協議となりました。相手方からは,速やかに250万円を支払うという回答の提示があったものの,依頼者としては,夫との示談交渉も希望され,夫と浮気相手の双方への慰謝料として総額400万円を請求し,近年の裁判例の傾向や事案の特性を踏まえつつ,相手方の説得と増額交渉を継続しました

数回の交渉を経て,最終的に相手方も当方の提示を了承したため,和解が成立しました。

【ポイント】

浮気をした配偶者との離婚を決意されている場合,一般に,浮気相手への慰謝料請求の前に離婚をしないほうが交渉を有利に進めることができます

このような状況で,いかに交渉を有利に進めるかは3者間での調整が必要となるため,この種のトラブルに強い弁護士を通じて離婚問題と浮気問題を両睨みとしつつ条件交渉を進めることで,有利な解決を図れます。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分