40代元妻が30代会社員の浮気相手に対して交際しない約束をさせ慰謝料150万円を獲得した事例

元妻の浮気

相談者夫婦……40代,婚姻期間5年未満

浮気相手……30代男性,会社員

元妻と浮気相手の交際期間……数回

和解金 150万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 相手は不貞について謝罪の意思を持っている

 

【解決の流れ】

弁護士が直接交渉したところ,相手は不貞については非を認める態度であったため,依頼主の希望額である150万円を提示しました。

相手は,難色を示したものの,依頼主の意向により減額は難しいことを伝えつつ,裁判例における慰謝料の相場とともに当方主張の正当性を説明し,示談意思を確認したところ,相手は支払いに応じる姿勢を見せ,さらに,依頼者様の妻と二度と接触しない約束にも応じる旨を述べたため,この条件にて交渉1回で和解することになりました。

 

【ポイント】

浮気が発覚した場合,浮気相手がどういう心境なのかは分からず,ご自身で相手と接触することも躊躇するのが普通だと思います。交渉力のある弁護士が第三者として当方主張の正当性を丁寧に説明した場合,相手は素直に謝罪の意思を示し,誠意ある対応に出ることは少なくありません。

当事者同士の話し合いや,交渉経験のない第三者による交渉では,相手に強く出ることができなかったり,高圧的に接することで交渉が決裂したり,あるいは,感情的な物言いが脅迫行為に該当してしまい逆に警察沙汰になるリスクもあるため,交渉経験の豊富な弁護士を介して慰謝料を請求したほうが好結果につながります。

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分