数年にわたる浮気の慰謝料として300万円の解決金を獲得

夫の浮気

相談者夫婦……50代,婚姻期間20年以上

浮気相手……40代女性

元妻と浮気相手の交際期間……数年

和解金 300万円
解決までの期間 30日間
事案の特徴 不貞関係が3年以上

 

【事件解決までの流れ】

浮気相手と交渉したところ,浮気相手としては,もともとの夫婦関係に問題があることを指摘し,浮気については認めませんでした。

しかし,当方の把握するメールなどからは浮気があったことが推認されることや,浮気前の夫婦関係は良好であり,仮に裁判になった場合にも当方は同様の主張をすることを,相手方の保有証拠を確認しつつ,当方の保有証拠を摘示して説明したところ,相手は浮気の事実を認めて提示した300万円の支払いを約束しました。

 

【ポイント】

浮気を否認している相手の場合,客観証拠(メールや写真,録音など)があれば,この証拠をもとに浮気を立証する方針を説明し,相手を自白させる方向で交渉を進めます。
交渉力のある弁護士が裁判上の主張に言及しつつ交渉すれば,証拠が十分でなくても勝算はあります。

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分