浮気を否定していた元夫から500万円の慰謝料を獲得

元夫の浮気

相談者夫婦……30代,婚姻期間3年未満(離婚済み)

浮気相手……30代男性

元妻と浮気相手の交際期間……不明

和解金 500万円
解決までの期間 40日間
事案の特徴 夫は浮気を認めず,離婚原因は性格の不一致と言い張っている

 

【事件解決の流れ】

弁護士が交渉したところ,元夫は不貞の事実を認めず,さらに夫婦関係に問題があったことで離婚に至った旨の反論がなされました。

そこで,弁護士が証拠に言及しつつ,裁判における当方の主張方針を伝えたうえで,相手方の反論について,もともとの夫婦関係が円満であったという当方の主張を証拠関係を引用しつつ説明し,被害者の示談可能額は500万円であることを伝え,交渉を進めた結果,最終的に500万円の慰謝料支払いを条件とする示談が成立しました。

 

【ポイント】

一般に,不貞行為を理由とする慰謝料の相場は数十万円から300万円と言われ,裁判官から和解の席上で頻繁に提示される金額も,概ね,この範囲に収まっています。

ただし,裁判上でも一定割合で300万円を超える慰謝料が認められることもあります。どのような事情があれば高額化するかは,個別に弁護士にご相談頂ければと思います。

交渉でも,慰謝料が高額化する事情があれば,高額の慰謝料を要求して減額には応じない交渉が必要であり,本件は,このような交渉が奏功した事例といえます。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分