30代男性が40代既婚女性の夫がたてた弁護士から500万円の慰謝料請求を受けたが元の夫婦関係の破綻等を指摘し減額した事例

【浮気相手の夫の弁護士からの慰謝料請求】

相談者……30代男性

請求者夫婦……40代,婚姻期間15年未満,別居

依頼者と浮気相手の交際期間……6ヶ月(交際継続)

請求された慰謝料 500万円
和解金 200万円(300万円減額)
解決までの期間 50日間
弁護士の有無
事案の特徴 相談者は相手に離婚することを求めたい

 

【相談に至る経緯】

弁護士を通じて500万円の慰謝料を請求する内容証明郵便が届いたため,弁護士に相談されました。

 

【事件解決の流れ】

弁護士を通じて,もともと妻から夫と会話もなく口論が絶えないため離婚を考えている旨の相談を受けるなかで始まった関係であることに加え,事案の具体的な状況を踏まえて裁判になった場合の見通しを説明し、減額交渉を行った結果、最終的に200万円を支払う条件での和解が成立しました。

 

【ポイント】

慰謝料は精神的苦痛についての賠償なので,見積もりを取ることもできず,請求された額の適否の判断は一般人には困難ですが,裁判上の相場としては,ある程度の額までは推定できます。

慰謝料請求の内容証明が届いた場合,請求された額の適否は一般人には分かり難いものがあるため,まずは弁護士に相談し,この種の案件に強い弁護士が矢面に立って交渉することにより,大きな減額を期待できます。

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分