30代男性が浮気相手のDV夫から300万円を請求され連日電話が鳴り止まず弁護士が介入し減額に成功した事例

相談者(30代、男性) ←  浮気相手の夫(30代)
   相談者の妻      浮気をした妻(30代) 
 ※婚姻期間は不明、離婚済み
 ※浮気期間は1ヶ月
請求された慰謝料 300万円
和解金 150万円(150万円減額)
解決までの期間 1ヶ月
弁護士の有無
事案の特徴 自身の妻に内緒で解決したいが、相手からは暴露をチラつかせて高額を請求されている

【相談に至る経緯】
ダブル不倫が浮気相手の夫に発覚し、浮気相手の夫から連日にように高額の慰謝料支払いを求める電話連絡が入るようになり、対応に苦慮して相談に来られました。

 

【事件解決の流れ】
弁護士が架電交渉により、近年の裁判例の傾向を慰謝料の相場を説明し、300万円もの高額の慰謝料の発生する状況ではない旨の説得を試みたものの、相手は激高しておりなかなか話し合いになりませんでした。
しかし、離婚原因は浮気ではなく相手のDVにあることを示唆しつつ、状況的に150万円が相当額であり、これ以上の争いを裁判上でするメリットがない点を裁判上の立証の点にも言及しつつ、説得を繰り返したところ、最終的に相手は150万円での和解に納得しました。

 

【ポイント】
不貞について配偶者に暴露することを交渉材料として用いられたケースでは、相場といっても不透明なところもあり、結局、発覚して困るなら支払うしかない、として高額の慰謝料支払いに応じるケースも耳にします。
しかし、相手の目的は金銭ですから、適切な落とし所を設定して交渉すれば、交渉により相当額の減額は可能です。
ただし、減額交渉は浮気という落ち度のある行為をした当人が行えば、反省していない印象になり相手の怒りを買うことになりかねず、かえって逆効果ですから、交渉経験の豊富な弁護士に交渉を依頼し、相手の温度感を見据えつつ、減額交渉を試みることで、適切な早期解決を図ることができます。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分