40代女性が浮気相手の40代妻からダブル不倫について夫に暴露すると脅され慰謝料を請求されたが減額できた事例

 相談者(40代,女性) ←  浮気相手の妻(40代)          相談者の夫     浮気をした夫(40代)
 ※婚姻期間は15年程度
 ※浮気期間は半年
請求された慰謝料 200万円
和解金 50万円(150万円減額)
解決までの期間 2ヶ月
弁護士の有無
事案の特徴 浮気について配偶者への暴露を示唆しつつ、高額を要求されている

 

【相談に至る経緯】
ダブル不倫の状況で、浮気が相手の妻に発覚したことで慰謝料請求を受け、連日のようにメールで連絡が来るため、対応に苦慮して相談に来られました。

 

【事件解決の流れ】
メールアドレスしか分からない状況であったため、弁護士がメールで交渉する文面を送ったところ、浮気を公表する旨の感情的な返信があり、全く話し合いが成立しませんでしたが、相手の言い分に配慮しつつ、近年の裁判例の傾向を踏まえた裁判の見通しを説明して説得を継続ところ、50万円の和解金を支払う条件での和解に応じる旨の回答が得られたため、事件は終了しました。

 

【事件解決の流れ】

浮気で慰謝料を請求する側が不貞の暴露を背景に高額を要求してくるケースでは、相手が暴走する危険を見極めつつ、相手の温度感を考慮した交渉が必要になります。
実際には交渉に不慣れな相手であることも多く、弁護士が出てきたことで対応が全く変わるケースも多いため、恐喝に近い慰謝料請求をされた場合には、弁護士に相談されたほうが迅速な解決が期待できます。

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分