不倫した30代男性が浮気相手の夫から500万円の慰謝料請求を受けたが弁護士の的確な反論により200万円に減額できた事例

相談者(30代,男性) ←  弁護士 / 浮気相手の夫(40代)
                  浮気をした妻
 ※婚姻期間は20年以上、現在別居して離婚協議中
請求された慰謝料 500万円
和解金 200万円(300万円減額)
解決までの期間 2ヶ月
弁護士の有無
事案の特徴 婚姻期間・浮気期間のいずれも長く、離婚も確定している。

不貞期間に相手女性の費用負担にて旅行等を楽しみ散財している。

_DSC7602

 

【相談に至る経緯】
数年に及ぶ浮気が夫に発覚し、弁護士から500万円を請求する書面が届いたため、対応に苦慮し、相談に来所されました。

 

【事件解決の流れ】

弁護士間の交渉になり、相手方から、婚姻期間・浮気期間の長さや、交際中の宿泊を伴う旅行について、相手方が高額の費用を負担していたことを理由に、大幅な減額には応じられない旨の回答がありました。

その後、相手方の夫婦の状況や、当方の経済状況を反論として提出し、裁判になった場合の見通しや近年の裁判例の傾向を説明しつつ、交渉した結果、最終的に300万円の減額に成功し、和解により終了しました。

 

【ポイント】

本件は、裁判になった場合に重視される婚姻期間や浮気期間が長く、しかも、交際中に相手の夫の預貯金で豪遊していたことから、減額は厳しい状況でした。

しかし、的確な反論により、本来的な相場よりは減額に成功できている事案です。一見、反論の余地がないように見えても、交渉力のある弁護士が対応すれば十分な減額が可能なケースは多いです。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分