30代男性が肉体関係のない交際を主張していたが弁護士が相手側が所有する証拠を論点とし大幅減額できた事例

【浮気相手の夫の弁護士からの慰謝料請求】

相談者……30代男性

請求者夫婦……30代,婚姻期間3年未満,離婚予定

浮気相手との交際期間……1ヶ月(肉体関係なし)

請求された慰謝料 500万円
和解金 100万円(400万円減額)
解決までの期間 30日間
弁護士の有無
事案の特徴 既婚女性と肉体関係に近い行為をするが,性交渉自体はしていない

妻に対しても弁護士を通じて慰謝料請求をしている

 

【相談に至る経緯】

相談者は,既婚女性と交際し,肉体関係自体はないものの,これに近い行為はあったということでした。その後,夫から弁護士を通じて500万円の慰謝料請求を受けたため,対応に苦慮して相談されるに至ります。

 

【事件解決の流れ】

弁護士が,肉体関係自体はなかったことを伝え,相手方の保有する証拠の価値についても争う主張をし,その他の減額理由についても言及しつつ,裁判になった場合に見通しを伝えて減額を求める書面を送りました。その後,数回の減額交渉を経て、最終的に100万円を支払う条件で和解し,400万円の減額に成功しました。

 

【ポイント】

肉体関係自体がなかったが,これに近い行為があった,というケースの場合,基本的に肉体関係があったものと同視されるのが通常ですが,そもそも相手方がどの程度の証拠を有しているのかが問題であり,その他の裁判例で重視される事情をもとに交渉すれば、相当の減額交渉が可能です。

本件では,上記の交渉により最終的に大きな減額に成功しました。

 

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分