30代既婚男性が浮気相手の夫がたてた弁護士から突然高額の慰謝料を請求されたが130万円まで減額した事例

【浮気相手の夫の弁護士からの慰謝料請求】

相談者……30代男性,既婚者で妻は浮気を知らない

請求者夫婦……30代,婚姻期間10年未満,婚姻継続

浮気の期間……数ヶ月

請求された慰謝料 300万円
和解金 130万円(170万円減額)
解決までの期間 200日間
弁護士の有無
事案の特徴 ダブル不倫で妻に知られたくない

 

【相談に至る経緯】

相談者は,浮気相手の夫から,高額の慰謝料の支払いを求められ,自身での交渉にも限界を感じ,弁護士に相談されました。

 

【事件解決の流れ】

弁護士が交渉した際も,相手方は減額に応じなかったものの,事案の特性や近年の裁判例の傾向を踏まえて粘り強く交渉した結果,弁護士を通じた130万円への減額提示による和解の打診があり,これに応じて和解が成立しました。

 

【ポイント】

慰謝料の減額交渉を有利に進めるには,相手方の示談意思の見極めが重要であり,交渉力の高い弁護士ほど安易な増額を回避し,有利な和解条件に持ち込むことができます

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分