浮気関係において金銭のやり取りがあった場合にも慰謝料を支払う必要はありますか?

明確なルールはありませんが,裁判上では,金銭の授受は慰謝料を減額する方向で考慮されることが多いようです。

 

考え方として,売春や援助交際のような状況であったとしても、これによって夫婦関係が悪化し配偶者が精神的苦痛を被る点に変わりないといえます。

 

しかし、風俗通いの浮気への該当性については否定的な見解もあり、金銭の授受があったことにより風俗類似の関係と捉え、浮気とはいえない,という見解もあります。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分