慰謝料として高額を支払う約束をしてしまったのですが,やはり金額が高すぎるので減額できないでしょうか。new

口約束であれば,そもそも相手は約束の事実を証明できないため,約束の事実や内容を争うことは,裁判上では十分に可能です。

 

約束の内容を合意書や示談書として法的文書で巻いた場合には,この額を減額していくことは難しいです。

 

ただし,状況や書面の内容次第では,勘違い・騙された・脅された,などを主張して合意の有効性を争うことや,反対の慰謝料請求などの別の請求を持ち出して減額を求める手段はあります。

 

交渉では,お金がないと言い張るだけで減額できることもあるため,署名押印をしても,諦めずに交渉力のある弁護士に相談されたほうが良いです。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分