出会い系サイトで知り合った相手と1回だけの関係ですし,相手は別の浮気相手もいたらしく,私だけが慰謝料を支払うのは納得できません。

出会い系サイトで知り合った場合,そもそも既婚者と知らなかったことを主張することで慰謝料の支払義務を争うことが考えられます。

 

また,出会い系サイトは通常の浮気ほど真剣さはないものとして,慰謝料としては高額にはならない傾向もありますので,減額の理由にはなるといえます。

 

ただし,浮気関係が長期に及んでいれば,知り合った経緯については重視されません(この見解は裁判官から直接聞いたことがあります)。

 

別の浮気相手の存在について,明確な裁判上の見解はないものの,もともとの夫婦関係に問題があったことの根拠になり,また,精神的苦痛の原因が別の浮気にもあったという主張もありうるため,慰謝料の減額理由になり得るといえます。

 

ただし,別の浮気があったことを裁判で立証することは非常に難しいと思われます。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分