浮気を立証されるのは,どういった証拠を確保された場合でしょうか?

浮気の立証については,裁判上ではかなり厳しく判断されます。

 

ラブホテルへの出入り写真や居宅内において二人で一緒にいる写真,浮気を本人が認めている音声録音があれば,裁判上でも立証される可能性が高いです。

 

他方,問題となるのはLINEやメールのやり取り,浮気をした配偶者による浮気を認める念書や自白、デート中と思われるツーショット写真などは,その浮気の立証に十分か否かは証拠の質によります。

 

証拠の価値を争う主張方法も多数あるため,不貞の事実を認めるか争うかについては,具体的な状況から慎重に検討する必要があります。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分