浮気関係において金銭のやり取りがあった,いわゆる買春行為であった場合にも慰謝料を支払う必要はありますか?

売春類似の状況であったとしても、これによって夫婦関係が悪化し配偶者が精神的苦痛を被る点に変わりない点を重視すれば、裁判上では慰謝料の支払い義務が認められる可能性は高いといえます。

 

しかし、業務としての風俗通いの浮気への該当性についても見解は分かれており、統一的な裁判例はなく、また、金銭の授受があったことにより風俗類似の関係と捉え、浮気とは区別する見解もありうると思われます。

 

このような場合、そもそも既婚者と知らなかった事情の考慮要素として主張することも含め、具体的な状況を踏まえて、交渉のなかで有利に主張していくことになります。

不倫の慰謝料請求のトラブルに関するご相談のご予約はこちら。 新規相談予約・お問い合わせ専用ダイヤル TEL:03-4405-4397 電話受付時間10:00~18:00 土日夜間のご相談対応可能 ブラスト法律事務所 JR赤羽駅徒歩1分、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅徒歩6分